号外: ビデオ講義開始しました(216)

Yamaguchi, Masaya, guitarist, educator, author; 山口雅也

 1970年7月18日 <東京都出身>

ジョン・コルトレーンの命日の翌日、長野市の病院で生まれる(実家は東京都)。洋楽に興味を持ちはじめた中学生の頃、フェンダー・ジャパンのストラトキャスターを購入し独学でギターを学び始める。高校時代に、ジャズベース奏者のロン・カーターが出演していたテレビ・コマーシャル「サントリー・ホワイト」を 見てジャズに興味を持つ。ジャズサックス奏者のジョン・コルトレーンの名盤「ジャイアント・ステップス」を購入し大きな衝撃を受ける。

ジャズそのものより もジョン・コルトレーンの音楽観に感銘を受け、音階の可能性・和声進行への探求を独自の研究で押し進める。その際、ギターの調弦法を完全4度チューニングに変 える。後に著作として発表される 「音階大辞典」の雛型に着手。明海大学外国語学部英米語科卒業後、準備期間を経てハワイ大学大学院修士課程英語教育科とロン・カーターが当時ディレクターをしていたニューヨーク市立大学大学院修士課程ジャズ・パフォーマンス科の2校に願書申請を決める。音楽学士号BFAプログラムを免除され、特別編入で ジャズ・パフォーマンス科修士課程入学が許可されたニューヨーク市立大学大学院を選択。1996年8月下旬渡米。院生時代は一部の教員からの執拗な嫌がらせに苦しむ。腱鞘炎の療養期間にコルト レーンの採譜・研究を始める。そのノートの一部は後にハル・レオナ−ド社から John Coltrane Plays "Coltrane Changes" の採譜集 として出版される。

日米修好通商条約のハリスが前身を創設した150年以上歴史のある City College of New York から、1999年、日本人として初めてニューヨーク市立大学大学院ジャズ・パフォーマンス科修士号を取得した後、 米国内で名声を築き上げアーティストとして永住権を取得。代表作は The Complete Thesaurus of Musical Scales (原書・英語版)を基礎にした各書。

マーシャル・スターンズ氏が1950年代に私財を投じて設立した世界最高のジャズ研究専門機関 Institute of Jazz Studies が発行するジャズ学術論文誌 Annual Review of Jazz Studies で、「コルトレーン和声の分析と付加価値的発展」に関する論文を発表する。2007年には、40歳以下の次世代リーダー・専門家のみが選ばれる  Who's Who of Emerging Leaders(次世代リーダー人物辞典)にも選出されている。教育家としてThe Real Book の合法版にスコア改正の協力をする傍ら、The Bird Book (The Charlie Parker Real Book) をハル・レオナ−ド社から出版。2012年、Lexicon of Geometric Patterns for Jazz Improvisation を発表。

近年は、独自のリサーチと研究成果で考案した YAMAGUCHI Improvisation Method と、そのギター版 YAMAGUCHI Guitar Method などを出版。2013年、ハル・レオナ−ド社から Sonny Rollins with the Modern Jazz Quartet [B-flat Tenor key] が出版される。

代表作であるThe Complete Thesaurus of Musical Scales の日本語版「ジャズ・アプローチによる音階大辞典」と姉妹書「ジャズ・アプローチによる音階教本<シンメトリカル・スケール編>」、「ジャズ・アプローチによる音階教本<ペンタトニック・スケール編>ドレミ楽譜出版社より刊行。アマゾン・ジャパンにて購入可能。

 

ENGLISH